スポンサーリンク

シェアする

Microsoft RMS (Azure Information Protection)を使う (1)

Office 365 でも使える、Microsoft の Information Rights Management System (RMS) である、Azure Information Protection を設定してみることにする。

まず、どの契約で何が使えるかを見てみる。これが意外に複雑である。Office 365 の Enterprise E3/E5 で、RMS が使えるのだが、実はすべての機能が使えるわけではない。すべての機能が使えるのは、Azure Information Protection P2 ということになっている。一応これは頭にいれておいたほうがよい。

以下の表は、Microsoft の Web に掲載されているものだが、日本語版では RMS for Office 365 の対比がないので、英語版の情報から合成して作成した。英語版にリンクを張っておく。

実際の利用において、「ドキュメントの追跡と無効化」が、Office 365 だけでは使用できないが、これは管理者だけが使用できればよいとするならば、特に問題ないだろう。管理者だけは、Premium P1 (月額220円)を追加する必要がある。あとの機能は当初問題になることはないだろう。

別の名前が付いているので、心配になるが、RMS for Office 365 も、Azure Active Directory の上に構築されており、これらは同じものであり、一部の機能に差があるだけである。

Azure Information Protection プランの比較

機能 RMS for Office 365 Azure Information Protection Premium P1 Azure Information Protection Premium P2
手動のドキュメント分類および分類されたドキュメントの消費

dot-icon

dot-icon

自動データ分類および自動化ルール セットの管理サポート

dot-icon

厳しく規制されるシナリオ向けの Hold Your Own Key (HYOK)

dot-icon

Microsoft Exchange Online、Microsoft SharePoint Online、および Microsoft OneDrive for Business コンテンツの保護  dot-icon

dot-icon

顧客管理キー設定ライフ サイクル向けの Bring Your Own Key (BYOK)  dot-icon

dot-icon

dot-icon

カスタム テンプレート  dot-icon

dot-icon

dot-icon

Rights Management Services (RMS) コネクタによるオンプレミスの Exchange および SharePoint コンテンツの保護 dot-icon

dot-icon

dot-icon

すべてのプラットフォーム向けの RMS ソフトウェア開発キット: Windows、Windows Mobile、iOS、Mac OSX、Android  dot-icon

dot-icon

dot-icon

File Classification Infrastructure (FCI) コネクタを使用するオンプレミス Windows Server とのファイル共有

dot-icon

dot-icon

ドキュメントの追跡と無効化

dot-icon

dot-icon

PTXT、PJPG、PFILE などの Microsoft Office 以外のファイル形式の保護 (全般的な保護)

dot-icon

dot-icon

dot-icon

RMS ポリシー対応アプリおよびサービスから会社または学校のアカウント オブジェクトを使用する RMS コンテンツ消費

dot-icon

dot-icon

dot-icon

会社または学校のアカウントを使用する RMS コンテンツ作成

dot-icon

dot-icon

dot-icon